思ってることってこんなもんだよ
Build with Actions SDK "Create a Project and Action Package"の日本語訳です

Actions SDKを使ってGoogleアシスタント向けアプリを開発するための第1歩は、プロジェクトの作成と、アクションパッケージの作成です。アクションパッケージの実体はJSONファイルであり、 gactions コマンドでそのひな形を得ることができます。

以下は、Build with Actions SDK - Create a Project and Action Packageの日本語訳です


プロジェクトとアクションパッケージの作成

プロジェクトの作成

  1. Actions on Google Developer Consoleに行きます。
  2. Add Projectをクリックし、プロジェクトの名前を入力して、 Create Project をクリックします。
  3. Overview 画面にて、 Actions SDK カードの BUILD をクリックし、 gactions コマンドのメモを取ります。承認のためにアクションパッケージをアップロードする際に、このコマンドを使う必要があるでしょう。
gactions update --action_package PACKAGE_NAME --project PROJECT_NAME

アクションパッケージの作成

アクションパッケージは、あなたのアプリにおけるアクションを定義するJSONファイルです。アクションは、実際のフルフィルメントエンドポイントを遂行するために、インテントに関連付けされます。

  1. gactions CLIをダウンロードします。
  2. アプリのソースファイルのためのローカルディレクトリを作成します。ここでは、 <project-dir> としてこのディレクトリを参照します。
  3. actions.json という名前のアクションパッケージファイルのボイラープレートを作成するために、以下のコマンとを実行します。
      cd <project-dir>
      gactions init
    

    そのファイルは、このようになります。

      {
       "actions": [
         {
           "description": "Default Welcome Intent",
           "name": "MAIN",
           "fulfillment": {
             "conversationName": "<INSERT YOUR CONVERSATION NAME HERE>"
           },
           "intent": {
             "name": "actions.intent.MAIN",
             "trigger": {
               "queryPatterns": [
                 "talk to <INSERT YOUR NAME HERE>"
               ]
             }
           }
         }
       ],
       "conversations": {
         "<INSERT YOUR CONVERSATION NAME HERE>": {
           "name": "<INSERT YOUR CONVERSATION NAME HERE>",
           "url": "<INSERT YOUR FULLFILLMENT URL HERE>"
         }
       },
      "locale": "<INSERT YOUR LOCALE HERE>"
      }
    

注: アクションパッケージの完全な参照情報は、Action Package referenceをご覧ください。

次のセクションでは、アクションパッケージ内でどのようにアクションを定義するかを学びます。


Creative Commons Attribution 3.0 License 原文

← Actions on Google開発者向けドキュメント 日本語訳インデックス