思ってることってこんなもんだよ

今年は、Googleアシスタントアプリの開発に関して、世界中で活発に様々な活動が行われています。その中でも、Build Actions for Your Community という取り組みは、世界中で同時期に行われている、非常に大きな活動です。 Build Actions for Your Community イベントサイト 「Build Actions for Your Community」イベントにご参加ください - Google Developers Blog 本当に世界の...

Transactions APIを利用して、Googleアシスタント向けアプリに対して、購買や予約などの機能を組み込むことができるようになりました。手順としては少し多めで複雑ですが、一般的なそのようなトランザクションを扱う際の組み込み方と、そう大差はありません。既に何らかのECや予約サイトなどを運営されている方は、ぜひGoogleアシスタント向けアプリを開発し、Transactions APIを使った購買、予約機能の組み込みを検討してみてください。 Actions on Googleのド...

Googleアシスタントは、もはや多くのユーザの側にいます。Android端末をお持ちであれば、Googleアシスタントが毎日手の中にいることになりますし、Google Homeを家に置いている方々についても、常に家族の一員としてGoogleアシスタントが側にいます。そんな相棒が、商品の購入や予約をしたいと思った際にも、自然な形でサポートしてくれたら、それは素敵な未来だと思いませんか?でも、未来ではなく、もう既にやってきました。日本語環境においても、Actions on Googleが提供...

Actions on Google上で登録し開発したスマートホームアプリは、もちろんテストが行われた後に、公開されることになります。テストは、一人だけで行うのではなく、複数のメンバーによって行われるかも知れません。Actions on Googleでは、公開前の複数人によるテストもサポートされています。そして、テスト項目も決められていて、スマートホームアプリの品質を開発者は一定以上に保証しなければなりません。 Actions on Googleのドキュメントにある Smart Home ...

Actions on Googleでは、スマートホームアプリを開発することができます。これは、会話によって何かユーザに価値をもたらす会話型のアプリとは開発手順が違ってきます。 Actions on Googleのドキュメントにある Smart Home - Create a Smart Home Appにて、 スマートホーム向けアプリの開発手順が説明されています。以下はその日本語訳です。 スマートホームアプリの作成 スマートホームアプリは、アシスタントの従来のアプリとは構造が異なり...

Googleアシスタント向けアプリとして、会話側のアプリの他に、スマートホーム向けの各種デバイスを操作することを目的とした、昔「ダイレクトアクション」と 呼んでいたアプリの形態があります。今では「スマートホームアプリ」と呼びます。 Actions on Googleのドキュメントにある Smart Home - Overviewにて、 Smart Home向けアプリの概要が説明されています。以下はその日本語訳です。 が、以下を読んでも、正直よくわからないかもしれません。流れを把握した後...

Googleアシスタント向けアプリを設計する上で、VUI(Voice User Interface)の理解がとても重要になります。GUIのように数多くのUIが組み合わされて UXが決まっていくことに対して、VUIはあくまで「対話」がUXを決定します。基本的には視覚的な情報が一切ない状態で、自然言語を使った会話によって目的を 達成しなければならないため、GUIとは全く違った設計手法が必要になってきます。 以前、Googleアシスタント向けアプリに数当てゲームアプリを開発して公開しました。そ...

Googleアシスタント向けアプリにおいて、そのアプリマーケットが今後活性化するかどうかを決定するであろう重要な要素に、「購入」という機能をあげることができると思います。エコシステムが機能するためには、ユーザとアプリ開発者の間で利益の交換が正しく行われなければなりません。もちろん、VUI(Voice User Interface)の分野において、ユーザが何かを購入するための安全なフローは、まだ確立されていないと言って良いでしょう。しかし、他のデバイスと連携する方式であれば、安全にその機能を...

Googleアシスタント向けアプリにおいて、ユーザ認証は非常に重要な機能となります。特に、アシスタント向けアプリの開発者が持つサービスのアカウントとのリンクについてが重要であり、これはアカウントリンクという仕組みで実現されます。それにはOAuth 2.0のフローが適用されるため、もしOAuth 2.0についての知見があれば、スムーズにその仕組みを理解し実装することができると思います。 Actions on Googleのドキュメントにある Account Linking - Implic...