JExcelApiの使い方

Excelファイル生成ライブラリ調査!」で取り上げたJExcelApi,さっそく実際に使ってみた。なかなかいい感じなので,基本的な使い方をここに残しておこう。

まずは, JExcelApiのプロジェクトページから, jexcelapi_2_5_3.zipファイルを入手し,適当な場所に展開する。その中のjxl.jarファイルがJExcelApi本体である。これをクラスパスに通せば,使用準備は完了だ。

 さて,さっそくコーディングの方法に入ろう。トピックごとにコードを紹介する。

【ワークブックの新規作成】

WorkbookSettings ws = new WorkbookSettings();

ws.setLocale(new Locale(“ja”, “JP”);

ws.setEncoding(“Windows-31J”);

OutputStream os = …;

WritableWorkbook workbook = Workbook.createWorkbook(os, ws);

【ワークブックの読み込み】

InputStream is = …;

Workbook workbook = Workbook.getWorkbook(is);

【ワークブックの新規作成(テンプレートから)】

Workbook template = …;

OutputStream os = …;

WritableWorkbook workbook = Workbook.createWorkbook(os, template, ws);

【ワークシートの追加】

Workbook workbook = …;

WritableSheet sheet = workbook.createSheet(“シート名”, 0);

【既存ワークシートの取得】

Workbook workbook = …;

WritableSheet sheet = workbook.getSheet(0);

【セルの結合】

WritableSheet sheet = …;

sheet.mergeCells(0, 1, 4, 2);

【ラベルセルの作成(基本)】

WritableSheet sheet = …;

Label label = new Label(1, 2, “ラベル”);

sheet.addCell(label);

【ラベルセルの作成(装飾付)】

WritableSheet sheet = …;

WritableCellFormat format = new WritableCellFormat();

// formatに対して装飾情報をセット

Label label = new Label(1, 2, “ラベル”, format);

sheet.addCell(label);

【フォントのセット】

FontName fontName = WritableFont.createFont(“MS Pゴシック”);

WritableFont font = new WritableFont(fontName, 12);

WritableCellFormat format = new WritableCellFormat(font);

【太字,下線のセット】

WritableFont font = …;

font.setBoldStyle(WritableFont.BOLD);

font.setUnderlineStyle(UnderlineStyle.SINGLE);

WritableCellFormat format = new WritableCellFormat(font);

【セル内の文字位置のセット】

WritableCellFormat format = …;

format.setAlignment(Alignment.CENTRE);

format.setVerticalAlignment(VerticalAlignment.CENTRE);

【セル内折り返しのセット】

WritableCellFormat format = …;

format.setWrap(true);

【罫線のセット】

WritableCellFormat format = …;

format.setBorder(Border.TOP, BorderLineStyle.THIN);

【シートのページ設定のセット】

WritableSheet sheet = …;

sheet.setPageSetup(PageOrientation.PORTRAIT, PaperSize.A4, 2, 1);

【ワークブックの出力&後始末】

WritableWorkbook workbook = …;

workbook.write();

workbook.close();

上記の手順を,APIリファレンスとにらめっこしながら使用すれば,帳票的な内容のExcelファイルは生成することができるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released