shale-usecasesでのAjaxリクエストの処理過程

JSFを利用したアプリケーションを作るための一つの現実解として,Shaleが挙げられる。Shaleにはshale-usecasesと呼ばれる簡単かつ要点を非常に良く突いたサンプルアプリケーションが公開されているが,Ajaxによる要求に対してShaleがどのように対処しているのかを追ってみた。 [郵便番号から町&州を取得する]

  • zipCode.jsp内のHTMLのコンボボックス(h:selectOneMenu)の選択状態がユーザの操作により変化する。

  • onchange属性にて指定されたzipChanged()関数が呼び出される。

  • 選択された郵便番号(zip)をパラメータに伴って,「/dynamic/remoting$business/cityAndStateForZip.faces」要求をサーバに送出する。

  • commons-chain定義にヒットしない(要求が「〜.remote」ではないから)ので,FacesServletに要求が渡される。

  • shale-remotingで提供されるRemotingPhaseListener内(RESTORE_VIEWフェーズ直後に適用)で,MappingsHelperによって「/dynamic/*」に適合すると判断され,メソッドバインディング呼び出しをするためにMethodBindingProcessorが選択される。

  • MethodBindingProcessorは「remoting$business/cityAndStateForZip」の”/”を”.”に置換し,前後にJSFのEL記号を付与して,要求をメソッドバインディング式(#{remoting$business.cityAndStateForZip})に変換する。

  • メソッドバインディング式が解釈され,faces-config.xmlにて定義されたremoting$businessという名前のManagedBean(Business)が持つcityAndStateForZip()メソッドが呼び出される。

  • サーバへの要求送出時に渡された郵便番号を,リクエストパラメータマップから取得する。

  • shale-coreのAbstractFacesBeanにより提供されるgetBean()メソッドを使って,domainsという名前のManagedBean(Domains)を取得する。

  • DomainsのgetCityAndStateItems()メソッドを呼び出し,結果(SelectItemの配列)を得る。

  • 結果からXML形式の文字列を生成し,text/xmlコンテントタイプをセットした後に,shale-remotingで提供されるResponseWriterを使ってWebブラウザに返送する。

  • FacesContextのresponseComplete()メソッドを呼び出し,移行のフェーズをスキップする。

  • 結果のXMLから 要素を取得し,CityおよびStateフィールドに結果の文字列をセットする。 Shaleの初期の頃は,Ajaxリクエストの処理はcommons-chainで振り分けられる「〜.remote」要求によって対処していたが,現在はshale-remotingによって対処が行われている。 shale-remotingでは,/dynamicの他に,/staticや/webappといったパスもMappingHelperで識別しているようだ。/dynamicを使うことによって,ManagedBeanが持つメソッドを直接Webブラウザ上から呼び出せる感覚を得ることができる。 shaleは多くの層が存在し,更にJSFのフェーズも絡んでくるために,動きを追うのが大変である。しかし,把握できたときの嬉しさはなかなかのものだ。ハッキングの醍醐味って感じかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released