WebKitBlobBuilderがChromeから削除されたっぽい

Chrome拡張機能として提供しているImage Collector extensionの中で、今までWebKitBlobBuilderを使っていました。使ってた箇所は、画像を一気にダウンロードするコマンドが列挙されたスクリプトファイルを作る箇所。以下のようにしてました。

var script = "...";
var blobBuilder = new WebKitBlobBuilder();
blobBuilder.append(script);
var link = document.createElement("a");
link.href = window.webkitURL.createObjectURL(blobBuilder.getBlob());

そして今日、上記のコードが使えないことに気がつきました。追ってみると、なんと「WebKitBlobBuilderがない!」ではありませんか。

これ、昨年の夏前にはすでにアナウンスされていたことだったりします。

DON’T BUILD BLOBS, CONSTRUCT THEM - HTML5Rocks

Chrome24からは、Builderに頼ることなく、Blobを直接newすれば良くなります。以下のように。

var script = "...";
var blob = new Blob(
    [ script ],
    { type: "text/plain" }
);
var link = document.createElement("a");
link.href = window.webkitURL.createObjectURL(blob);

もし未だにWebKitBlobBuilderを使ってる箇所があれば、きっと動かなくなってます。すぐに修正しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スマートスピーカーはもう終わったデバイス?

QMK FirmwareとRaspberry Pi PicoでSPLIT_USB_DETECTを使わない方法

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます