Build with Dialogflow "Create a Project and Dialogflow Agent"の日本語訳です

注: この日本語訳は、翻訳時点での内容が反映されています。そのため、既に古い記載内容となっている可能性があります。必ず最新の情報を Actions on Google Document で確認してください。

[会話の設計]を終えた後は、Dialogflowを使ってアプリを作成していきます。Actions on GoogleのBuild with DialogflowにあるCreate a Project and Dialogflow Agentでは、サンプルのスターターアプリをダウンロードし、Dialogflowにてプロジェクトを作成するまでの手順が書かれています。以下は、その日本語訳です。


アプリの作成

Dialogflowを使用して開発するには、まず、Actions on GoogleデベロッパープロジェクトとDialogflowエージェントを作成する必要があります。プロジェクトを持つことで、デベロッパーコンソールにアクセスしてアプリを管理し配布することができます。Dialogflowエージェントには、アプリを定義するすべてのインテントが含まれています。

注: 新しいプロジェクトを作成するとき、Actions on Googleは、Googleのアプリ開発者サービスのプラットフォームであるFirebaseを有効にします。関連する利用規約の情報については、こちらをご覧ください。

デベロッパープロジェクトとDialogflowエージェントの作成

  1. Actions on Googleデベロッパーコンソールに行きます。
  2. Add Project をクリックし、プロジェクト名として YourAppName を入力し、 Create Project をクリックします。
  3. Overview 画面にて、Dialogflowカード上の BUILD をクリックし、その後アクションの構築を始めるために CREATE ACTIONS ON Dialogflow をクリックします。
  4. Dialogflowコンソールが表示され、エージェント内に情報が自動的に入力されています。エージェントを保存するために、 Save をクリックします。

Dialogflowスターターアプリを使って始める

あなたの最初のアプリとして、Dialogflowスターターアプリから始めることをお勧めします。これには、使用する可能性の高いインテントを持つDialogflowエージェントと、フルフィルメント用のGoogle Cloud Functionが含まれています。

  1. Dialogflowのスターターエージェントをダウンロードしてunzipします。このディレクトリをここでは <sample_dir> で参照します。
  2. YourAppNameエージェント内に <sample_dir>/agent.zip をリストアします。
    1. 左のナビゲーションにて、エージェント名の右にある ギアのアイコン をクリックします。
    2. Export and Import タブをクリックします。
    3. RESTORE FROM ZIP をクリックして、 <sample_dir>/agent.zip ファイルを選択します。
    4. テキストボックスに RESTORE とタイプし、 RESTORE をクリックします。その後、 DONE をクリックします。 リストアが終わると、以下の画面が表示されます。あなたのアプリのプロジェクトIDをメモしておいてください。サンプルのフルフィルメントをデプロイする際に必要となります。

フルフィルメントを有効にする

フルフィルメントを有効にすると、Dialogflowの応答機能を使用する代わりに、ウェブ フルフィルメント コードを使ってユーザーに応答を返すことができます。これを行うには、エージェント全体のフルフィルメントを有効にしてから、フルフィルメントを使用したいインテントを選択する必要があります。フルフィルメントを有効にするには、以下を行います。

  1. 左のナビゲーションにある Fulfillment をクリックします。
  2. Webhook オプションを有効にします。
  3. URL フィールドに、ダミーのURLを入力します。

    注: あなたはまだ実際のフルフィルメントのURLを持っていませんが、この設定によって、インテントエディタ内でフルフィルメントのオプションを有効にします。そのオプションは、このチュートリアルの次のセクションで使用する必要があります。フルフィルメントのURLは、HTTPSアドレスでなければなりません。

  4. Save をクリックします。

Creative Commons Attribution 3.0 License 原文

← Actions on Google開発者向けドキュメント 日本語訳インデックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

4月に買ったEnder3-V2の現状

余白大きめのケースを作ってみた話

Windows 10 HomeでWSLgをさっそく試してみた

Lunakey Miniのケースを販売中です!

Chrome拡張機能向けのDefinitelyTypedにPromise対応関数定義を追加しました