Build with Dialogflow "Deploy Your App"の日本語訳です

注: この日本語訳は、翻訳時点での内容が反映されています。そのため、既に古い記載内容となっている可能性があります。必ず最新の情報を Actions on Google Document で確認してください。

フルフィルメントのデプロイまで済んでいれば、あとはアプリをデプロイして承認プロセスに進むことになります。Actions on GoogleのDeploy Your Appでは、アプリをデプロイして実機(Google HomeやAndroid端末など)でテストを行い、レビューに提出する手順が説明されています。以下は、その日本語訳です。


アプリをデプロイする

Dialogflowエージェントとフルフィルメントがデプロイされたら、実際のハードウェアデバイスやアクションシミュレータでアプリをテストできます。

徹底的なテストに加えて、提出する前に、アプリが公開前チェックリストを確実に通過するようにしてください。これにより、迅速な承認が保証され、承認プロセスで私たちが目にする多くの問題をキャッチできます。

実際のハードウェアでのテスト

音声認識可能なスピーカーやAndroid端末などのサポートされている端末で、Actions on Googleデベロッパープロジェクトでアクションを作成した時と同じアカウントで、端末にログインします。

アクションシミュレータでアプリをテストする

  1. Dialogflowの左側のナビゲーションで Integrations をクリックし、 Google Assistant カードのスライダバーを移動します。
  2. Google Assistant カードをクリックし、ポップアップウィンドウで TEST をクリックします。Dialogflowは、エージェントをサーバーにアップロードして、アクションシミュレータでテストすることができます。

    注: TEST ボタンが表示されない場合は、 AUTHORIZE ボタンを最初にクリックして、DialogflowにGoogleアカウントとアクションプロジェクトへのアクセス権を付与する必要があります。

  3. 統合画面の Test your Assistant app セクションで、 Actions Simulator リンクをクリックして、アクションシミュレータ用の新しいブラウザを開きます。

    注: アクションシミュレータのスプラッシュ画面が表示されている場合は、 Start をクリックしてGoogleアカウントで認証します。

  4. アクションシミュレータで、シミュレータの入力領域に talk to my test app と入力して、アプリをテストします。

承認のためにアプリを提出する

デベロッパープロジェクトをエージェントのコピーで更新して、レビューのために提出できるようにする場合は、Dialogflowの更新機能を使用してください。これにより、レビュー向けにデベロッパープロジェクトにアクションパッケージがアップロードされます。

  1. Dialogflowの左側のナビゲーションで、 Integrations をクリックし、 Actions on Google カードをクリックします。
  2. UPDATE ボタンをクリックします。 Go to the Actions on Google Developer Console and select your project. Fill out the information requested to submit your app for approval. See Registering and Publishing for more information.
  3. Actions on Googleデベロッパーコンソールに移動し、プロジェクトを選択します。承認のために、あなたのアプリを提出するために要求される情報を記入してください。詳細については、Registering and Publishingを参照してください。

注: アクションパッケージを更新するたびに、別の承認サイクルを経なければなりません。


Creative Commons Attribution 3.0 License 原文

← Actions on Google開発者向けドキュメント 日本語訳インデックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スマートスピーカーはもう終わったデバイス?

QMK FirmwareとRaspberry Pi PicoでSPLIT_USB_DETECTを使わない方法

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます