Account Linking "Overview"の日本語訳です

注: この日本語訳は、翻訳時点での内容が反映されています。そのため、既に古い記載内容となっている可能性があります。必ず最新の情報を Actions on Google Document で確認してください。

Googleアシスタント向けアプリでは、開発者が持つサービス側のアカウントと、アシスタント向けアプリを利用する際のGoogleアカウントを、互いに紐付けることをしたくなるはずです。これにより、パーソナライズがさらに加速すると共に、元々開発者が持っていたサービスをアシスタント向けアプリ経由でユーザが利用することができるようになります。このアカウントの紐付けを「アカウントリンク」と呼び、それには「シームレスなアカウントリンク」と「従来のリンクフローを使ったユーザ体験」の2つがポイントとなります。

Actions on Googleのドキュメントにある Account Linking - Overviewにて、 アカウントリンクの概要が説明されています。以下はその日本語訳です。


Googleを使ったアカウントリンク

アカウントリンクは、ユーザーが自分のGoogleアカウントを、あなたのサービス上の既存のアカウントに接続するのに最適です。これにより、あなたのサービス上のアカウントに既に存在するデータを活用する、より豊かなユーザー体験を構築できます。食べ物の嗜好、既存の支払いアカウント、音楽の好みなど、ユーザーはアカウントをリンクすることでGoogleアシスタントの操作性を向上させることができます。

シームレスなアカウントリンクの利用

シームレスなアカウントリンクは、ユーザーが既存のアカウントにサインインしたり、新しいアカウントを作成したりすることによって、アカウントをリンクするのに最適な体験を提供します。この体験は、ユーザーからの2回のクリックのみであり、ユーザー名、パスワード、または長い構成手順は必要ありません。これは次のようになります。

詳細については、Google Assistantでシームレスなアイデンティティ体験をサポートするためにOAuthサーバーを設定する方法についての効率的なアイデンティティフローをご覧ください。

従来のリンクフローを使用したユーザー体験

あなたが合理化されたアイデンティティフローをまだサポートする準備が整っていない場合でも、OAuth 2.0リンクフローを使用して従来のアカウントリンクをサポートできます。たとえば、ユーザが音声でアクティブ化されたスピーカと対話している場合、認証フローは次のようになります。

“It looks like your <invocation name> account is not linked yet. You can link <invocation name> to your Google Account from the Google Home app.”

ユーザーは、アカウントをリンクするか、新しいアカウントを作成するために、サービスを認証する必要があります。ユーザーがWebアプリのアカウントリンクフローを完了すると、アシスタントアプリを呼び出すことができ、アシスタントアプリはあなたのサービスへのコールを認証できます。

アカウントリンクの実装

私たちのアカウントリンク手法の一つを使って始めるには、以下のリンクをクリックしてください。

GET STARTED


Creative Commons Attribution 3.0 License 原文

← Actions on Google開発者向けドキュメント 日本語訳インデックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スマートスピーカーはもう終わったデバイス?

QMK FirmwareとRaspberry Pi PicoでSPLIT_USB_DETECTを使わない方法

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます