Invocation and Discovery "Overview"の日本語訳です

注: この日本語訳は、翻訳時点での内容が反映されています。そのため、既に古い記載内容となっている可能性があります。必ず最新の情報を Actions on Google Document で確認してください。

Googleアシスタント向けアプリを利用するユーザにとって、それらは目に見えないものです。ユーザの目の前には、Googleアシスタントのみが 見えていて、その向こうにはどのようなアプリがいるのか、アプリのディレクトリページに行かない限りわかりません。Googleアシスタントとして 本質的なことは、アプリを発見してもらうことではなく、ユーザがやりたいこと、達成したいことを満たしてくれるアプリが適切に呼び出されるか どうか、ということです。そして、仮にユーザが特定のアプリの存在を知っていたとしても、そのアプリを呼び出し、そしてさらに話しかける、と いう2段階のやり取りよりは、1回で目的を達成したいと考えることでしょう。

Actions on Googleのドキュメントにある Invocation and Discovery - Overviewにて、 アプリを呼び出すための2つの方法の概要が説明されています。以下はその日本語訳です。


概要

ユーザーがあなたのアプリを利用するためには、ユーザーがアプリを呼び出す必要があります。多くの場合、ユーザーはアプリを念頭に置いているため、 Googleアシスタントにインターフェースへの接続を依頼します。加えて、特定の便利なタスクを達成するためにアプリを設計していれば、 アシスタントはユーザの問い合わせに対して最適なアプリであることをユーザーに推薦することがあります。

以下のセクションでは、さまざまな種類の呼び出しについて説明し、発見を念頭に置いてアプリを最適に設計する方法について説明します。

呼び出しタイプ

アプリ呼び出しには2つのタイプがあります。

  • 明示的な呼び出し(Explicit Invocation) は、ユーザーがアシスタントに明示的にアプリを使用したいと伝えるときに発生します。ユーザーが明示的にアプリを呼び出す方法を最も自由に制御できますが、アプリで会話を開始するフレーズをユーザーに知らせる必要があります。あなたのアプリのディレクトリリストAsk Your Assistant セクションは、この情報をユーザーに伝えるのに適しています。

例: “Hey Google, talk to Wayne’s Bikes.”

  • 暗黙の呼び出し(Implicit Invocation) は、アシスタントが名前で呼び出すことなくアプリを呼び出すことを知っているときに発生します。暗黙的な呼び出しの最も一般的な例は、ユーザーが特定のタスクを実行することをアシスタントに(アクション呼び出しフレーズを指定することによって)伝え、アプリがユーザーの意図を満たすことができるため、そのタスクに対してそのアプリを呼び出すことを選択する場合です。暗黙の呼び出しを使用すると、ユーザーはその日のうちにアプリを学び、使用することができますが、発見される可能性を高めるために、ベストプラクティスを考慮してアプリを設計する必要があります。

例: “Hey Google, book an appointment to fix my bike.”

注: あなたのアプリの呼び出しのタイプの中から選択する必要はありません!ユーザーは常に明示的にアプリを呼び出すことができますが、デザインプロセス中に暗黙の呼び出しを念頭に置いておく必要があります。そうすることで、ユーザーが自分のアプリを発見する確率を高めることができます。

アクション呼び出しフレーズ

アクション呼び出しフレーズは、アプリの特定の機能を記述します。ユーザーがあなたのアプリを呼び出すときに、あなたのアプリのアクションの1つを呼び出すことができる呼び出しフレーズを含めることができます。この呼び出しは、アプリの機能の一部に直接ディープリンクします。

アクション呼び出しフレーズの例は以下です。

  • “what should I wear today”
  • “when’s the next bus to $location”
  • “what’s the current price of gold”
  • “want to meditate”

ユーザーは、明示的な呼び出しの最後にアクション呼び出しフレーズを追加することができ、暗黙的な呼び出しのためにアクション呼び出しフレーズを単独で使用することもできます。いずれにしても、あなたのアプリの目的に合わせて、便利で具体的なアクション呼び出しフレーズを設計してください。有益にさせるために汎用的すぎるアクション呼び出しフレーズは、ユーザーにとって有益ではなく、アプリケーションの可視性や発見に対して有害です。

呼び出し、発見、およびアクション呼び出しフレーズの詳細については、明示的および暗黙的な呼び出しを参照してください。


Creative Commons Attribution 3.0 License 原文

← Actions on Google開発者向けドキュメント 日本語訳インデックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スマートスピーカーはもう終わったデバイス?

QMK FirmwareとRaspberry Pi PicoでSPLIT_USB_DETECTを使わない方法

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます