さらばSolaris!!

昨日からチャレンジしてきたSolarisインストール on VAIO Z1/P。懸念のネットワークカードの認識も何もせずにちゃんと認識されて,インストール自体は全く苦労せずに終わってしまった。画面の解像度も,以下のサイトを参考にして,1400x1050でいい感じに表示されるようになった。

昔Solaris2.6のx86版を入れたときは「重いなぁ」と思ったが,さすがハードの進化はすごい。全くストレスなく動いている。Windows XPのGUIが重く感じるほどだ。

しかし,雑誌についてきたインストールDVDを使ったため,もちろんSoftware Companion CDは手元になく,GNU関連のバイナリは一切ない状態。さらに,やっぱりUSB2.0対応のPCMCIAカードは認識されていない。外付けのハードディスクをつなぐ夢は相当な壁っぽく,できるのかどうかも非常に怪しい。

ちなみに,Java Enterprise Desktopも別途CDが必要だったようだ。しかし,Sun Java Desktop SystemはCDEと共に含まれていた。

一体どの部分がJavaなんだ!?

このVAIO Z1/P,無線LANとかいろいろと使いたい機能もあり,さらに外付けのハードディスクも繋いでサーバ機にしたいという気持ちがある。Solarisでは,さすがに実現できなそうだ。。。でも,Windowsには戻りたくない。。。

そこで,LinuxはVAIO Z1/Pでどんな感じかな,とググってみると,なかなかいい感じで動くようになるみたいだ。

というわけで,Solarisは1日でおさらば。これからLinuxのインストールに挑戦してみることにする。さすがにサクッといくと思うけど。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released