EclipseベースなJBuilder開発進行中!

今日の@ITでこんなニュースが。 「 EclipseベースのJBuilder、2006年第4四半期に登場予定」 - @IT 来たぁぁ!って感じ。遂にEclipseはここまで来たか,と。Borlandは一般市民(=普通の開発者)を見捨てていなかった。 記事の内容を見ると,次のように書かれている。

Pelotonの大きな特徴は、Eclipse上でJBulderが得意としてきた大規模な分散開発の機能が充実している点だ。ビジュアル対応も強みといえるだろう。分散した開発チーム間のリアルタイム共同編集や、デバッグを可能にするピアツーピアコラボレーション機能、EJB 3を含むJava Enterprise 5対応のビジュアル開発環境の実装、SwingおよびSWTに対応したビジュアルGUI開発機能が組み込まれている。

JSF&Ajax&EJB3(略してJAE?)のVisualツールの登場はまだまだ停滞かなぁ,と思っていたが,JBuilderのEclipse化は非常にビックなニュースだ。JBuilderの進化によって,「VisualStudio vs **Builder」の構図と同じように「JavaStudioCreator vs JBuilder」という切磋琢磨状態になって欲しい。もちろん,JDeveloperや他の製品,無償プラグインなども参戦状態になれば,EoDの加速と開発プロセスの進化が更に加速するはずだ。 登場が楽しみである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released