S2Wicket1.2.0リリースしました

WicketとSeasar2を統合する S2Wicketだが,先ほどVersion 1.2.0をリリースした。 今回のリリースでは,パッケージ名とクラス名,そしてフィールド名について,正規表現でパターンを与え,それに一致するフィールドをインジェクション対象とするFieldNamePatternFieldFilterフィールドフィルタ実装クラスを新たに提供している。これを利用することによって,@SeasarComponentアノテーションすら書かなくても,規約に従ってインジェクションが施されるようになる。まさに「Convention over Configuration」の考え方を取り入れてみた。ま,S2ContainerのFileSystemComponentAutoRegisterクラスのパクりと言われればそれまでだけど。。。 ソフトウェア的な変更はフィールドフィルタの追加だけだが,今回のリリースではJavadocコメントとサイトコンテンツの追記の他に,「 バージョン番号の採番ルール」というサイトページを追加した。seasar.orgのページを見回したのだが,バージョン番号の採番に関するルールが見当たらなく,プロダクトごとにバラバラなルールとなっているように感じた。「説明しなくてもどんなルールかわかるだろ」という気もするが,採番ルールがちゃんと文書化されていた方がバージョン番号を見ただけで明確に修正のレベルがわかるようになるので,一応S2Wicketでの採番ルールを明確にしてみた,というわけである。 seasar.orgのmavenリポジトリ( http://maven.seasar.org/maven2/)にもアップしてあるので,ぜひ利用してみていただきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released

Remap Organizations機能を公開しました

2021年を振り返って