第一回チキチキ 『ant から maven2へ 』〜血があつい鉄道ならばこまるよね〜 が行われました

やたらと題名が長いJava-jaの勉強会。今回は「 第一回チキチキ 『ant から maven2へ 』〜血があつい鉄道ならばこまるよね〜」と題して、maven2をテーマとして6名のスピーカーが思い思いのテクニックを披露した。僕はと言うと、昨日の丸レクの資料作成に全力を注いだ結果、今回のJava-jaの資料作成に踏み切るだけの元気は既に使い果たしてしまった状態。下の資料を見ればわかる通り、5枚のみの発表となった。

SlideShare | View | Upload your own ま、とはいえ、何もしないのは面白くないので、 S2Wicketのサイトドキュメントをmaven2で構築したことを発表した。具体的には、pom.xmlの紹介、aptを使ったドキュメントの記述方法、site.xmlによるインデックスファイルの紹介、について、実際にS2Wicketのコードを見ていくことで雰囲気だけでも把握できように、と思いながら話をした。 下にUStream配信の録画を載せておこう。

そして今回の懇親会は、年の瀬なこともあり、Java-ja忘年会となった。いつも通り僕はいち早く抜けて、いま電車に乗りながらこのエントリを書いている。今回は初参加の方々も多く、結構真面目な話が中心だったこともあり、そしてスピーカーのデモンストレーションが比較的派手なものが多かったため、かなり面白かったのではないだろうか。 そんなわけで、来年もJava-jaをよろしくお願いいたします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Lunakey Pico ビルドガイド (Rev.1以降)

Lunakey Mini/Pico/Macroの設計をオープンにしました

Lunakey Picoを製作しました

Remapのマクロ機能を活用しましょう

Remapの登録キーボード数が180を超えました