菖蒲にできた蔦屋書店に行ってきた

昨日、日本一の売り場面積を売りにした蔦屋書店のオープン日だったので、さっそく見に行ってきました。

蔦屋書店 フォレオ菖蒲店

もうGoogle Mapにフォレオ菖蒲って書かれてるところがなにげにすごい。

入り口からパノラマで写真を撮ってみました。

すっごい広いです。となりにあるK’s電気もでかいけど、それ以上です。

品揃えというと、文庫本はすごい量があります。探せない本はないと思うほどに。そしてどこにどの本があるかは結構わかりやすく上の方に掲示されているので、すぐにその棚に行くことができます。

で、僕が期待していたIT系の書籍は・・・残念ながら品揃えは良いとは言えなかった。オライリー本はゼロ。ゼロですよ。他にも各言語の本も充実度はないです。ErlangやHaskelの本も見あたらなかったし。隣にあるモラージュ菖蒲に入ってる書店の方が充実してます。

専門書の類はあまりなく、誰でも読める書籍がメインな書店、って印象でした。文具とかキッチン用品とかも取り扱っていて、結構な面積を占めてます。日本一の広さを生かして、もっと書籍を充実させていって欲しいなと。今後に期待したいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released