Ubuntu Phone、意外といいかも

普段、会社にて開発のためにUbuntu 12.04を使っています。3Dを有効にできるだけのグラフィックチップの性能がないため特殊効果の恩恵は得てないのですが、Unityを使っています。これがホントに使いづらい。変にリッチすぎて、希望の操作を行うまでいちいち遠いなぁ、と思いながら使い続けています。他のデスクトップ環境を使いたくていろいろ入れるも、環境を壊したくもないので保守的にならざるを得ず、結局Unityに戻ってきて我慢してきた感じです。

PCのデスクトップでUnityはもーホントなんとかせーよ!って感じだけど、スマートフォン向けにタッチベースの操作でUnityは、確かにありかも。下の動画を見て、Ubuntuの最近のUIをちょっと見直しました。

Ubuntu for phones

スマートフォンだと、アプリを細かく起動したり切り替えたりする機会が多いので、UnityのDock(?)的なやつがかなり使いやすそう。それだけでも結構惹かれる。

日本でUbuntu OSを搭載したスマートフォンが出るかわからないけど、SIMフリーなやつが海外で出たらちょっと欲しくなる予感がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スマートスピーカーはもう終わったデバイス?

QMK FirmwareとRaspberry Pi PicoでSPLIT_USB_DETECTを使わない方法

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます