僕のデスクトップにサンタとトナカイが来てくれています

今日は 12 月 23 日。明日はクリスマス・イブの日です。

僕が毎日開発に使っているデスクトップ PC では、雪が降っていて、クリスマスツリーがあり、サンタを待っている家もあって、空ではトナカイが引くソリにサンタが乗っています。

OS は Kubuntu 20.04 です。雪を降らし、サンタを飛行させている正体は、xsnow というアプリケーションです。

Xsnow - Wikipedia

この xsnow アプリ、歴史はめちゃくちゃ古く、確か 1980 年代に生まれたと記憶してます。ちょっとしたアプリですが、本当に素敵な気分にさせてくれます。

降り積もった雪で、画面下のタスクバーは全く見えなくなります。ウィンドウの上に積もった雪をトナカイが蹴散らしていく姿は、ウィンドウの上を通り過ぎるまで見入ってしまいます。

例えば Ubuntu 系をお使いの方であれば、以下のコマンドで簡単にインストールが可能です。

$ sudo apt install xsnow

Ubuntu 系以外にも xsnow は各ディストリビューション向けにほぼ必ず提供されていると思いますので、お使いのパッケージマネージャからぜひインストールしてみてください。

心がほっこりする、そんな xsnow を紹介してみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released

Remap Organizations機能を公開しました

2021年を振り返って

2021年のRemapを振り返る