Eclipse on IntelMacにWTPインストール

IntelMacでEclipse」でインストールしたEclipseだが,Webアプリケーション開発がほとんどを占める最近では,WTP(Web Tools Platform)が欠かせない。ただし,All-in-oneなWTPは,WindowsとLinuxしか提供されていないため,MacOS XではEclipseを入れた後で別途WTPを入れなければならない。 幸い,WTPはupdate-siteから手軽にインストールすることができた。

Eclipse Web Tools Platform - eclipse wiki 「http://download.eclipse.org/webtools/updates/」のupdate-siteを使えばよい。ここにはWTPに必要なプラグインも一緒においてあるため,このサイトだけでWTPのインストールを完了できる。 OSの違いをほとんど意識せずにすむのも,やはりJavaの威力である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released