iGoogle Sandboxの日本語版が公開開始しました!

すでに英語ローケルにて提供されていたのだが、このほどiGoogle日本語ロケールでも、iGoogle Sandboxの公開が始まったようだ。 iGoogle Sandboxって何かというと、iGoogleがOpenSocialコンテナになることを意味している。つまり、OpenSocialアプリケーションをiGoogleのGadgetとして配置することが可能になる。結果として、iGoogleはソーシャル機能を持つことになる、という話だ。

igoogle-ja.jpg iGoogle Sandboxを利用するには、以下のページの手順に従ってサインインをする必要がある。Sandboxでは、OpenSocial v0.7 APIを使ったOpenSocialアプリケーションを登録して実行確認することができる。 [Getting Started] - iGoogle Developer Home

http://code.google.com/apis/igoogle/docs/gs.html すでにGoogle Gadgetを開発されてきた方々は、これを機にOpenSocial API対応を行ってみてはいかがだろうか? ちなみに、OpenSocialアプリケーションの開発に関して、どうしていいかわからないなどの質問があれば、 OpenSocial-Japanにてサポートをするので、ぜひ気軽に投稿してみて欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Yoichiro

(よういちろう)