Google I/O 2011 Day 3

Google I/Oは昨夜で終わり、ほとんどの人がお祭り騒ぎに終止符が打たれる中、僕には渡米4日目も非常に楽しみなイベントが2つも待っていました。それは、

  • Googleplex訪問

  • OpenSocial State of the Unionイベント参加 です。2つ目のイベントは、Google San Franciscoオフィスで行われます。つまり、1日の中でGoogleのオフィス2拠点を訪問することになるのです。具体的には、午前中にMountain viewに行ってGoogle本社で朝食をとり、昼に移動して午後はOpenSocialイベントに参加します。実は昼食もGoogle San Franciscoオフィスでいただいちゃいました。社員でもないのにGoogle2拠点のどっちも1日で食事をいただいた人は、かなり珍しいかも!なんて思ってます。

Googleplex訪問

結局また寝付くことができず、3時間くらいの睡眠の後にかなり早く(6時くらいだったかな)起床して、レンタカーを借りるために、僕が宿泊したHilton Union Squareの近くにあるHertzに向かいました。3台借りて、分乗してMountain viewへ出発。僕が乗った車はスムーズに到着するも、予想通り1台はFreewayの出口を間違えます。幸いなことに、それほど混乱なく全員無事Google本社に到着できました。

本社は噂通り大学のようで、日本のようにビルが縦に長いのではなく、建物が横に長い。そして、とにかく広い。その日は「みんな自転車に乗って健康になろう」的なイベントが行われていて、競輪選手のような格好をした社員をかなりの人数見ました。でも、そうじゃなくても、会議の移動などには自転車が使われているようです。そういえば、セグウェイは1台も見なかったな。

朝食はGoogleの中の食堂でとりました。天気が良かったので、実際は外のテーブルでみんなで集まってワイワイガヤガヤと。訪問人数が多かったので、案内役はFumiさんの他に、DavidというDevrelのマネージャの方がついてくれました。みんな一人ずつDavidに「面白かったセッション」を伝えていきます。彼はとても興味深くみんなの話を聞いていましたね。米国での食事はどうも口に合わず期待してはいなかったのですが、僕らが選択した場所のメニューや味は、かなり日本人の口に合う感じ。おいしかったです。

その後、Android関連の開発が行われているという建物の前にあるオブジェ群に移動します。そこには、Androidの各バージョンごとにつけられている愛称、つまりそれはお菓子の名前なのですが、そのお菓子そのものの巨大オブジェがドーンと置いてあります。もちろんみんな写真撮りまくりです。なぜでしょうね?こんなにテンションあがるのは。興奮して、Gingerbreadを使って逆立ちしてみました。

そしてちょっと歩くと、そこにはまさに「逆立ち」してるオブジェがあるではないですか。これはやるしかありません。幸いなことに、うまく写真撮れたようです。

その後、Googleのグッズが多く売っているショップへ。あまり帰りの荷物が増えるのはどうかなぁと思い、最低限欲しいものに厳選していくつかゲットしました。ホントはもっと買いたかったけど。

GoogleplexからSan Franciscoオフィスへ移動

ここまででGoogleplex訪問は終了。一緒に行ったGoogle API Expert達はComputer history museumに向かったけど、僕はOpenSocial State of the Unionイベントに出席するため、San Franciscoに戻らなければなりません。レンタカーでSan Bruno駅まで乗っけていってもらい、そこからBARTでEmbarcadero駅まで移動します。

レンタカーの中では、GoogleのDavidやFumiさんと一緒でした。なので、社内の公用語はもちろん英語に。どきどきしたけど、たとえば「Googleってソーシャルどーなん?」とか質問したりして、楽しい会話ができたのはなんか進歩したなぁと実感。とにかくDavidは優しかった。

BARTはほとんど乗ってくる人はいなくて、僕らで借り切ったくらいの状態。ずっと地下だと思ってたけど、意外とそうでもなく、結構景色を楽しめます。でも、やっぱりあの券売機は慣れない。うん、慣れない。

Embarcadero駅に到着し、そのままGoogleのオフィスへ10分ほど徒歩で移動。到着後にOpenSocialイベントの受付を済ませ、開催時間までランチをごちそうになる。San Franciscoオフィスも学食みたいな食堂で好きなものを取って食べれるシステム。Fumiさんオススメのクッキーはマジうまかった!食堂からはベイブリッジが間近に見えます。言うまでもないけど、いい環境だなぁとホントに思いました。

OpenSocial State of the Union

その後、OpenSocialのイベントに参加しました。この模様は、別のエントリで詳しく紹介したいと思います。会場では、MySpaceのChris Coleと再会できたことや、ミクシィと関係のあるVznetのエンジニアと話すこともでき、その場に行かないと実現されない貴重な出来事を体験できました。

最後の夜

OpenSocial State of the Unionイベントが終わった後、Google API Expert Programの生みの親であるNaoki Ishiharaさんに会うことができました。すでにNaokiさんは拠点をMountain viewに移していて、会うのは昨年のGDD以来です。今はAdWordsに関わっていて、コーディングする機会も多いとか。Google I/Oには見に行けず、結果会うことはできないと聞いていたのですが、僕にとっては嬉しいサプライズでした。

Naokiさんとの再会の後に、@tmaesakaと@agektmr、そして@asyoulike007と僕の4人で夕食へ。あ、その前に、San Franciscoオフィスには、2階から1階へすぐに降りれる滑り台(というよりプールにあるスライダー)があって、もちろん滑ってきました。これが結構な角度で、意外と怖かった。

4人でレストランを探すも、この時点で20時過ぎだったためか、近くのレストランは結構閉まっていました。結局、Union squareまで歩くことに。みんなの胃袋は「中華料理」を待っていたんだけど、なかなか探すことができずにしばらくUnion square をさまようことに。「せっかくだから行きたいところに行こう」と、30分以上さまようもタクシーに乗りチャイナタウンに向かいます。ずっと何語かわからない言葉で電話するドライバーにオススメのレストランを聞き、「おいしいところ教えたじゃないか」と普段よりも多いチップを払うことになるも無事おいしい中華にありつくことに成功。写真も撮らずに失敗したなぁ、と今になって反省してます。たぶん「New Sun Hong Kong Restaurant」じゃないかな、と。

New Sun Hong Kong Restaurant

いろんな話を4人でしたなー。お酒を飲んでないにもかかわらず、いろいろ愚痴ってごめんなさい。しかも部下のいる前で!まぁ、楽しかったからいいですよね?

この日の模様は、以下のURLからご覧いただけます。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.10150186098859539.328157.579499538&l=398ad46349

そんなわけで、最後の夜は過ぎていきました。次の日は帰るだけなので、夜更かしもOK。というか、寝たかったけど案の定この日も3時くらいまで寝れず。最後までアメリカ時間に馴染めずに今回の渡米は最終日を迎えようとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Lunakey Miniケースの最終形です

Google Smart Home Summit '21のまとめです

Lunakey Pico ビルドガイド (Rev.1以降)

Lunakey Mini/Pico/Macroの設計をオープンにしました

Lunakey Picoを製作しました