Galaxy NexusにSIMアダプタ「のみ」を差した時の話

Google I/O 2012にてGetすることができた「Galaxy Nexus」。SIMロックフリーなため、いろいろごにょごにょしたいなと思い、SIMアダプタなるものを買いました。

JAPAEMO の 新型 JAPAEMO製 マイクロSIMアダプタ ブラック for Apple iPhone4 / iPad

このページは「SIM単体での本体への差込は絶対にしないでください」と書かれていて、しかもレビューにも「使用する際には、アダプタのみで挿し込むことはやめたほうがいいです。本来金属部分と接するはずの端子が、本製品の穴に落ち込みそうですし。」と書かれています。が、やってしまいました。もちろん、抜けなくなりました。端子が引っかかっちゃうんですね。

ボールペンで端子部分をシートの上から押しこむも、抜けません。

「詰んだ!僕のGalaxy NexusはWiFiのみ。まぁそれでもいいかなぁ」と諦めかけました。でも、なんとか方法があるはずです。SIMアダプタに端子が引っかかっちゃうんだから、その間に何か挟むことが出来れば・・・、そうだ、厚紙だ!、と思い、普段使っているノートの最初のページが比較的厚めの紙だったので、早速それを使ってSIMアダプタの救出を開始します。

まずは、厚紙を適当なサイズに切ります。あまり短いと厚紙も救出できずに「本当に詰む」ので、適度な長さにしておきます。

こんな感じに。

次に厚紙をSIMアダプタと本体の間に入れていきます。ゆっくりと。。。

引っかかる端子の部分を厚紙が覆うようになるまで、押し込んでいきます。

奥まで入ったら、今度は引き抜いていきます。この際、厚紙を動かさずにSIMアダプタのみを引き抜いていくのがポイントです。これが難しい。

こんな感じに厚紙の上をSIMアダプタが滑ってくれば、こっちのもの。

救出完了です。

焦ってボールペンで突っついたりしちゃうと、せっかくのシートが台無しになっちゃいます。慌てず、冷静に、まずは厚紙とハサミを探しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スマートスピーカーはもう終わったデバイス?

QMK FirmwareとRaspberry Pi PicoでSPLIT_USB_DETECTを使わない方法

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます