mountain lionにNode.jsをインストール

ちょっと理由があって自分のmac(mountain lion)にNode.jsをインストールしました。その手順をここに残しておきます。

入手

以下のサイトにWebブラウザでまずは行きます。

http://nodejs.org/

ここの[INSTALL]って緑のところをクリックすると、macでNode.jsをインストールするためのパッケージのダウンロードが自動的に始まります。現時点では「node-v0.8.14.pkg」がダウンロードされました。

インストール

落としてきたパッケージファイルをダブルクリックして、インストールを行います。次へ次へしてれば、インストールは終わります。なんて簡単なんでしょう。

/usr/local/bin下にnodeとnpmの実行ファイル(npmはシンボリックリンク)が配置されるので、/usr/local/binにPATHを通すように促されています。まぁ、普通はすでに通していることでしょう。

動作確認

さっそく動作確認してみたくなりますよね。Terminalを開いて、おもむろに「node RET」と叩いてみます。

$ node
>

良い子はいきなりこんなことしてはいけません。きっとこのあと途方に暮れます。僕は暮れました。ググラビリティを試されます。終了の仕方がわからないのです。quit、exit、Ctrl+C、q().、quit()、exit()、全てはね飛ばされます。

正解は、以下です。絶対知らないとわからないです。

> process.exit();
$

良い子は、node -vとしてバージョン番号を表示してみましょう。以下のように出れば、インストールは成功してます。

$ node -v
v0.8.14

ようこそ、Node.jsの世界へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Lunakey Miniケースの最終形です

Google Smart Home Summit '21のまとめです

Lunakey Pico ビルドガイド (Rev.1以降)

Lunakey Mini/Pico/Macroの設計をオープンにしました

Lunakey Picoを製作しました