Movable Typeの難しさは一体何!?

無償版もあることがわかったMovable Type。ココログでやっている「Eclipseプラグイン開発Blog」を移行するために,さっそくダウンロードしてインストールを始めた。しかし,さっそく挫折。

この難しさは一体なに?

mt-check.cgiを実行してみると,HTML:Templateが古いとか,Image:Sizeが見つからないとか表示された。 インストールマニュアルを見ても,こいつらが何で,こいつらをどうインストールしていいのかは書いていない(つーか書いてあることがよくわからない)。しかも,どこにどのファイルを配置すべきかも,何が書いてあるのかわからないし,最終的な配置形態が全く見えてこない。

こんなマニュアル,誰が書いたんだ?こんなもん誰が読んでわかるんだ?

誰か「Fedora Core 3,Apache,PostgreSQL,Movable Type 3」で,レンタルサーバではなく自分のマシンで,Movable Typeのインストール手順を教えてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released