思ってることってこんなもんだよ
MS-Office on IntelMac

購入したMacBook Proだが,やはりOffice文書を扱うことができないと不便でならない。そこで,Office文書の読み書きを行うべく,いろいろと調査を始めた。 そもそも,Apple Storeで本体購入と一緒にMS-Office for Macも買っちゃおうと考えていたが,金額も結構高く,フリーのものも使えるかもしれないと店員さんも話していたため,購入は見送っていた。 そのフリーのアプリケーションこそが,Open Officeだ。しかし,そもそもOpenOfficeをMacで動作させるには,X Window Systemをインストールしないといけないらしい。さらに,日本語の入力で難ありって感じっぽいので,ちょっとOpenOfficeはパス。 調べていくと,どうやらOpenOfficeのMac専用版であるNeoOfficeは,マルチプラットフォームを売りにしているJavaが何故か足かせになっているらしく,残念ながらIntelMacでは動作しないらしい。 OpenOffice.orgのMacネイティブ版「NeoOffice 1.2」- Intel Mac非対応 夏くらいまで待たないといけないみたいだ。 という訳で,iWorkだとExcel相当のものがなかったりして,MS-Officeじゃないとだめそうだ。QEMU上のWindowsでOfficeするのもなんか本末転倒だし。結局MS-Office2004 for Macを購入。Rosetta上で動いているみたいだが,速度的には何の問題もなく使えている。使用感はWindowsのそれとほとんど一緒なので,違和感は感じなかった。 これで仕事はとりあえずIntelMacでもOK。Macユーザとしての第一歩を踏み出した。