Active ResourceのREADMEを翻訳してみました

Rails 1.2から搭載され、Rails 2.0でいくつか改良されたActive Resource。これを使えば、RESTなWebサービスを簡単に利用できるようになる。これのREADMEが「 ここ」にあるのだが、勉強がてら日本語に翻訳してみたので、公開してみようと思う。

ActiveResource_README_ja.txt RESTfulなWebサービスを利用するクライアントは、Active Resourceを使えばかなり簡単に作れることが、これを見てわかると思う。Active Resourceに興味がある方は、ぜひ一読いただきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

4月に買ったEnder3-V2の現状

余白大きめのケースを作ってみた話

Windows 10 HomeでWSLgをさっそく試してみた

Lunakey Miniのケースを販売中です!

Chrome拡張機能向けのDefinitelyTypedにPromise対応関数定義を追加しました