Seasar Conference 2008 Autumnにて話をしてきました

Seasar Foundation主催のイベント「 Seasar Conference 2008 Autumn」が、本日開催された。そこで「OpenSocialに見るGoogleのオープン戦略」というセッションで話をしてきた。

OpenSocialに関するほとんどの行動は、Googleに閉じた話ではなく、コミュニティを中心としたオープンな場で行われている。これを通じて、他のプロダクトも含め、一般の開発者とGoogleとの距離の縮め方がどのように行われているのか、について説明を試みてみた。 思ってたよりも多くの人が聞きに来てくれた。ありがとうございます!そして、発表の場を作って頂いたSeasar Foundation関係者の方々には、感謝の意を伝えたい。 さて、うまく説明できたかどうか自信がないけど、 OpenSocial-Japanやその他のAPIに関するコミュニティに、多くの方が積極的に参加してもらえると、とても嬉しい。そして、もっとうまく何かを伝えられる技術不足を何とかしたいな、と再度思ったイベントだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

4月に買ったEnder3-V2の現状

余白大きめのケースを作ってみた話

Windows 10 HomeでWSLgをさっそく試してみた

Lunakey Miniのケースを販売中です!

Chrome拡張機能向けのDefinitelyTypedにPromise対応関数定義を追加しました