Google+: ポピュラーな投稿, 視覚的な分析, 写真の楽しみ, そして・・・

GoogleからGoogle+について4つの新機能のリリースがアナウンスされましたので、ここで簡単に紹介してみたいと思います。

What’ Hot

Google+は基本的に自分の身近にいる人、知り合い、興味を持った著名な人の情報が流れてきます。しかし、時には世界中で何が今ホットなのか、そのことを知りたくもなるでしょう。それを教えてくれる機能が、What’s Hotです。これは、Googleが今ホットなフィードをメインストリームの下およびスタンドアローンなフィード一覧として提示してくれる機能となります。もちろん、そのフィードの投稿者をサークルに入れたりすることもすぐに可能です。

Ripples

一般公開向けに投稿されたフィードが、Google+内でどのように広がっていったか、気になったことはありませんか?どのように投稿がシェアされていったか、それを見せてくれる機能が、Ripplesです。気になったフィードの右上から”View Ripples”を選ぶことで、Ripplesが開きます。ここでは、投稿がシェアされていく様子をビジュアルに再現することが可能です。つまみを左右に動かせば、それに連動してシェアされていく様を時間軸でさかのぼったりすることもできます。特に自分の投稿がどこまで広がったかを気にしてきたユーザにとっては、とても嬉しい機能と言えるでしょう。

Creative Kit

Google+フォトチームは、新しい機能をリリースしました。それがCreative Kitです。Google+にて他のユーザにシェアしたい写真が手元にあったとき、シェアする前にちょっとした加工をしたくなることがあるでしょう。セピア調にしたり、一部分を切り取ったり、さらには顔に仮面をつけたり、といったことです。Creative Kitは、そのような画像編集をGoogle+上で可能にしてくれます。もちろん加工後の写真をすぐにシェアすることができます。写真をより効果的なコンテンツとし、それが元になって更なるコミュニケーションが生まれるために、この機能は重宝することでしょう。

Google AppsでGoogle+が!

使えるようになりました。ビジネスでの人間関係とサークルは、とても相性が良いものです。Hangoutsでの会議やGoogle Docsでの文書共有など、Google+のパワーがさらに生きてくる分野だと思います。


上記の内容は、 The Official Google Blogにて投稿されたエントリから抜粋したものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Lunakey Miniケースの最終形です

Google Smart Home Summit '21のまとめです

Lunakey Pico ビルドガイド (Rev.1以降)

Lunakey Mini/Pico/Macroの設計をオープンにしました

Lunakey Picoを製作しました