iGoogleが2013年11月で終了します

iGoogle Developer Blogにて、iGoogleを2013年11月で終了させることがアナウンスされました。iGoogleはOpenSocialの元となったガジェットのプラットフォームであり、今日のソーシャルアプリケーションの基礎となった歴史上重要なプロダクトだったと思っています。そして個人的には、OSDEをGoogle台北のiGoogle開発チームのメンバーと共に開発していたこともあり、既にiGoogleの終了はずいぶん前からアナウンスされていたとは言え、改めて正式アナウンスを聞くと、とても寂しい気分です。

以下、ブログの内容の日本語訳となります。


[ iGoogleの更新について - iGoogle Developer Blog]

オフィシャルiGoogleブログで私たちがアナウンスした通り、2013年11月1日をもって、私たちはiGoogleを引退させる予定です。あなたのユーザをスムーズに移行することを保証するために、あなたは、ガジェットを更新してあなたのサイトにユーザを案内することや、ユーザのデータをエクスポートする機能を提供することができます。また、私たちの他のプラットフォームのどれかであなたのアプリケーションをローンチすることを考えることもできます。

この日の入りの一部として、2012年7月31日以降は新しいテーマの提出の受付を終了します。同様に、私たちは2012年7月31日以降は新しいガジェットの受付も終了いたしますが、その前であれば既存のガジェットを更新しメンテナンスすることができます。

もし何か質問や助けが必要であれば、iGoogle Developer Forumにて気軽に私たちに問い合わせてください。長年iGoogleをサポートしていただきまして、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スマートスピーカーはもう終わったデバイス?

QMK FirmwareとRaspberry Pi PicoでSPLIT_USB_DETECTを使わない方法

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます