emacs24で搭載されたELPAでのインストール先指定

emacs24以前では、auto-installなどの外部elispを使って、パッケージをインストールしていました。emacs24からは、package.elというパッケージ管理機能(ELPAと呼ばれています)が標準で搭載されるようになり、機能拡張がより簡単になっています。M-x list-packagesとすれば、インストール可能なパッケージの一覧が表示され、その中からインストールしたいパッケージで”i”をタイプし、”x”でインストールを実行できます。ホントに簡単です。

package.elの導入方法は、ググると多くのページがヒットするので、すぐにわかるでしょう。僕は最初以下のコードを書きました。

[text] ;; Add sites for list-packages (require ‘package) (add-to-list ‘package-archives ‘(“melpa” . “http://melpa.milkbox.net/packages/”) t) (add-to-list ‘package-archives ‘(“marmalade” . “http://marmalade-repo.org/packages/”)) (package-initialize)


これで多くのパッケージを簡単にインストールできるようにはなるのですが、(ほとんどの人は困らないと思うけど)困ったことにインストール先が、"~/.emacs/elisp/elpa"なんです。僕はDropboxで設定ファイルを複数マシンで共有しているので、パッケージのインストール先もDropbox配下のディレクトリにしたいわけです。いろいろ探してみたのですが、上記の導入の話しか書いてありません。根気よく探したところ、見つけました。

ELPAのインストール先を変更するには、package-user-dirを設定します。例えば僕の設定では、

[text]
;; Add sites for list-packages
(require 'package)
(setq package-user-dir "~/Dropbox/config/emacs.d/elisp")
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "http://melpa.milkbox.net/packages/") t)
(add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/"))
(package-initialize)

となります。これで、package.elでインストールしたパッケージを、複数マシンで共有できるようになりました。快適!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

40%キーボードに慣れるためにやったこと

Lunakey PicoでQMK Firmwareを動かしてみました

Googleアシスタント向け会話型アクションが1年後にシャットダウンされます

Google I/O 2022でのGoogleアシスタント関連のセッション

Remap Organizations feature has been released