思ってることってこんなもんだよ
2018

Googleアシスタント向けアプリのアプリ名をユーザが知っている場合は、ユーザはそのアプリ名を使ってそのアプリを呼び出すことができます。 これを明示的な呼び出し(Explicit Invocation)と呼びます。その際、例えば 「オッケーグーグル、マイレシピアプリで 今日のスープレシピについて教えて 」というように、アプリに対して呼び出しと意図を同時に ユーザが伝え、そのことをアプリが受け取ることができます。こうすることで、ユーザがアプリを利用するための対話の数を削減できます。 Act...

Googleアシスタント向けアプリを利用するユーザにとって、それらは目に見えないものです。ユーザの目の前には、Googleアシスタントのみが 見えていて、その向こうにはどのようなアプリがいるのか、アプリのディレクトリページに行かない限りわかりません。Googleアシスタントとして 本質的なことは、アプリを発見してもらうことではなく、ユーザがやりたいこと、達成したいことを満たしてくれるアプリが適切に呼び出されるか どうか、ということです。そして、仮にユーザが特定のアプリの存在を知っていたとし...

Google Cloud PlatformにあるCloud Functionsは非常に強力です。Node.JSベースのJavaScriptで書かれた関数をCloud Functionsにデプロイするだけで、 あら不思議、スケールするAPIのエンドポイントが出来上がってしまいます。 例えば、以下のようなコードを書いて、 exports.helloGET = function helloGET (req, res) { res.send('Hello, World!'); }; ...

Googleアシスタント向けアプリがGoogleアシスタントに応答する際に、Google Homeを想像すると、文章のみを応答として返して それがGoogle Homeによって発話される、となると思います。しかし、サーフェスとして音声だけでなく画面も想定されています。 つまり、アシスタント向けアプリの応答は、単純なテキストだけではなく、もっとリッチな応答も返すことができ、それはサーフェスと して画面をサポートしていれば、視覚的にリッチな応答が「表示」されるということです。 Actions...

昨年末に、自作のGoogleアシスタント向けアプリ「イートアンドバイト」を公開しています。簡単な3桁の数字を あてるゲームなのですが、アシスタント向けアプリの開発から審査、公開、運用を一通り体験するためには手頃な サイズでした。Google HomeやAndroidのGoogleアシスタントなどに対して「イートアンドバイトにつないで」 と話しかけることで遊べますので、ぜひ試してみてください。 さて、審査を無事通過してアシスタント向けアプリを公開した後は、Actions on Google...

ユーザは気まぐれです。アプリ開発者の想定通りに会話をしてくれることは、むしろ希です。何らかの割り込みが入れば、 ユーザは会話を途中で放棄してしまうことも多々起き得ます。こういった事態にも、アシスタント向けアプリは備えておかなければ なりません。ユーザが一定時間発言をしなかった際に、アシスタント向けアプリはユーザに何度か問いかけることができます。この 問いかけのことを、再プロンプト(Reprompts)と呼びます。 Actions on Googleのドキュメントにある Conversat...

Googleアシスタントは、「音声のみ」「画面のみ」「音声と画面の両方」のいずれかをサポートしたデバイス上で動作することが想定されています。 これらの種別のことを「サーフェス」と呼んでいて、サーフェスが違えば、アシスタント向けアプリが応答可能なメッセージも変わってきます。 Actions on Googleのドキュメントにある Conversations - Surface Capabilitiesにて、 サーフェスの利用方法が説明されています。以下はその日本語訳です。 サーフェス...

今日、ChromeOS向けに公開していたFile System Provider実装のうち、2つのメンテナンスをもう続けないと決めました。 OneDrive WebDAV 理由は、それらのアップデートをするための十分な時間を確保することができないことです。僕は全部で5つの実装を開発し、メンテナンスしてきました: Dropbox, SMB, SFTP, OneDrive and WebDAV。でも、メンテナンスを続けることは難しいです。加えて、以下のような問題もありました。 ...